スイスフラン

永世中立国ということから、アメリカや欧州が有事の際には、保険的役割としてスイスフランへ資金シフトする傾向があります。

日本と同様に政策金利が引くので、キャリートレードに用いられたり、分散投資を行う際に用いられたりする場合が多いようです。

オイルへの依存が少なく、資源価格高騰の際に影響を受けにくい。