投資信託の値段

  

投資信託にはたくさんの会社が入ってますので、株価が上がる会社もあれば下がる会社もあります。

株価が上がる会社が多ければ投信の価格は上昇します。逆に、株価が下がる会社が多ければ価格は下がります。

ただし、投信の価格は、刻一刻と動くわけではありません。投資している会社のそれぞれの終値と株数を集計するのは1日1回だけです。

集計したものに株の配当や債券の利息などを加えた資産総額から、運用にかかる手数料を差し引いた「純資産総額」を出します。

この純資産総額を受益権総口数で割ったものが、その日の基準価額になります。