投資信託の儲け

  

投資信託の儲けと損は、

①売却益(キャピタルゲイン)

②売却損(キャピタルロス)

③分配金(インカムゲイン)

で決まります。①と②は、価格がどう動くかによって決まります。買った時よりも値上がりしていれば、解約した時に儲けることができますし、逆に値下がりすると損をします。投資信託の価格は「基準価額」と呼ばれていて、多くは「1万口当たり○円」とう具合に表示されます。

投資信託には分配金というお金を投信の決算が行われるときに投資家に支払う仕組みがあります。分配金は、投信の資産から支払われるので、分配金が支払われると「純資産総額」といわれるものが減るので、基準価額もその分下落します。分配金を支払わない投信もあります。