分散投資②

一度にすべての資金を使って投資するのではなく、いくつかに分けて、タイミングをずらして投資信託を購入したり、毎月積み立てを継続するといった方法で、投資資金を分散させることによりリスクを抑えることを時間分散といいます。

値動きのある投資先に時間分散を行うと、結果としてリスクを抑えることにつながります。

この考え方を利用した「ドルコスト平均法」は、市場の値動きが激しい投資先といった場合、効果のある投資法となっています。