分散投資①

分散投資は、できるだけリスクを小さくするための手法の一つです。

投資資金を、株や債券などの一つの金融資産にまとめて投資をせずに、様々な種類の株や債券、不動産や金などに分散して投資することを資産分散といいます。

ある投資先の値動きが上昇しているときに、別の投資先では下落するといった真逆の値動きを示すことがあります。異なる値動きをする投資先に複数分散投資をしておけば、大きな損失を回避できるということになります。