戦略「低コスト」

  

手数料が安いことは、とても重要です。

投資信託のコストとして、申込手数料(無料の場合もあります)、毎年の信託報酬(ファンド財産の運用・保管・投資家サービス等に対する報酬で毎日ファンド資産から引き落とされます)、換金時に支払うファンド繰入金(「信託財産留保額」と呼ばれます)があります。

これらを合計して、保有期間に応じ1年当たりのコストを計算すると、申込手数料や信託財産留保額は、申し込み時または換金時にそれぞれ1回だけ支払うコストですから、保有期間が長くなれば1年当り負担率が下がります。したがって信託報酬を加えた合計コストも、保有期間が長くなれば1年当たり負担率が下がるわけです。