は行

    

<販売手数料>

投資信託を購入する際に販売会社に支払う手数料のこと。販売手数料の上限は各投資信託の目論見書に定められているが、上限の範囲内であれば販売会社が商品ごとに定めることができる。このため、同じ投資信託でも販売会社で販売手数料が異なることがある。

<売買委託手数料>

投資信託が株などを売買する際も手数料が発生し、この手数料のことを売買委託手数料と呼ぶ。

<パッシブ運用>

投資信託を運用する際、あらかじめ決められた目標であるTOPIXや日経平均株価といった各種指数と同じ運用成果をめざしてシステム的に保守的な運用を行うこと。

<ファミリーファンド>

複数の投資信託の資金をまとめて、「マザーファンド(親投資信託)」と呼ばれる投資信託に投資し、マザーファンドが株や債券等の資産に投資する運用方式のこと。マザーファンドに投資する投資信託を「ベビーファンド」と呼ぶが、マザーファンドの運用の成果がベビーファンドに反映される。一般投資家はベビーファンドに対して投資を行う。

<ファンドラップ>

投資対象が投資信託に限定されている「ラップ口座」のこと。ラップ口座とは金融機関と投資一任契約を結び、金融商品への投資を金融機関に一任する取引口座、ひいてはそのサービス自体を指す。投資対象が投資信託に限定されていないラップ口座では、有価証券など(株や債券、投資信託)に対して投資が行われる。

<普通分配金>

追加型株式投資信託の運用の収益に基づいた分配金のこと。課税対象である。

<フルインベストメント>

投資信託が、ある投資対象資産を非常に高い割合で組み入れること。

<ブルマーケット>

上昇相場のこと

<分配落ち>

分配金を支払った結果、その分基準価額が下落すること。投資信託では、受益者に対して分配方針に基づき、決算日に株式の配当金に相当する分配金が支払われるが、これはファンドの純資産から支払われるので、分配された分だけファンドの基準価額が下落すること。

<ベンチマーク>

投資信託を運用する際に目標とする基準、あるいはパフォーマンスを評価する基準のこと

<ボラティリティ>

収益の変動性のこと。リスクの計測に用いられる概念。例えば、標準偏差もボラティリティを測る指標の一つで、ボラティリティを測る指標を用いてリスクを計測することが一般的である。