老後への備えにNISA

40代〜50代前半にかけては、目の前の支出が大きくなる一方で、最後の課題である老後資金確保にも力を入れていくべき時期になります。定期的な自動引き落としで、確実に貯めることが効果的です。NISA口座を活用しない手はありません。

500万円の枠をしっかり使い切るために「積立」だけでなく「一括拠出」も考えていいと思います。投資経験もあると思いますので、タイミングをみた一括投資も視野に入れ、投資信託以外に商品選択の幅を広げるという選択もしてみましょう。

例えば、現物株やETF、REIT。商品理解と売買判断ができるなら、チャレンジしたところです。特にETFは、手数料に魅力があるので検討の価値ありです。

この時期の投資経験は、セカンドライフの資産運用において活きてきます。夫婦で2口座、年間200万円をフル活用しましょう。

しかし、損失を出すわけにはいかない時期でもあります。NISA以外の資産配分にも意識を高め、しっかりとコントロールしましょう。定期預金は全体のリスクを抑えてくれますし、財形年金も金利が上昇すれば利息非課税のメリットが。