教育資金を考える人のNISA

教育への資金準備は、早ければ早いほうが運用期間を長く確保することができます。

教育資金のゴールの目安は、子供が高校3年生になる時期に合わせましょう。

教育資金を毎月積み立てていく投資が有効ですが、生活とのバランスには配慮が必要です。

積立開始時期には、積極的な運用を行うために積立投資信託を活用し、運用期間の終盤には、確定利付きタイプの積立定期預金などで安定的に運用する方法が理想的といえるでしょう。