新社会人のNISA

新社会人は、収入をやりくりして、将来の出費に備えて貯蓄をする手段を身につける必要があります。

「投資経験」の一歩目を早く踏み出したほうが、その後の人生が大きく広がることになるでしょう。

将来の結婚や不動産購入など、夢の実現に向かって計画的に貯蓄するという姿勢を身につける時期です。毎月決められた金額を貯蓄に回すという「積立」による資産形成がベスト。

積立投資では、毎月一定額を定額購入する積立投資信託が一般的でしょう。若いうちから小額でも資産運用経験を積むことは、将来いっと役に立つことでしょう。

年間100万円を使い切る必要はありません。運用益と積立額の増額で、10年後に500万円を目標とすればいいでしょう。

運用商品は、初めてなら日本株のインデックスファンドかバランス型ファンドを小額からするのがお勧めです。