注文しよう

口座開設が終了したら、さっそくログインして取引画面をみてみましょう。

取引画面には、為替に関する情報や自分のポジション、口座の状況などが表示されています。

為替は24時間、リアルタイムで取引できます。FX投資で儲けるためには、まずこの取引画面を手足のように使いこなせることが必要です。

取引画面で注目してほしいのが、現在の為替レートです。いくつかの通貨ペアのレートがリアルタイムで変化しています。それぞれの為替レートをチェックし、取引する通貨ペアが決まったら注文しましょう。

注文の基本は、

①成行注文

②指値注文

です。成行注文は、今すぐに注文を成立させたい人向けで、指値注文は、希望するレートで注文させたい人向けの注文になります。それぞれ相場の予測や投資方針によって使い分けしてください。

<成行注文>

現在の提示レートで取引する方法で、リアルタイムで確実に売買したい場合に使用します。短期で取引する人に向いていると言えるでしょう

<指値注文>

提示レートより低いレートで買いたい場合に、買うレートをあらかじめ指定しておく注文方法。売りたい場合の事前に売りたいレートを指定しておきます。自分の納得した為替レートで取引したい場合、または指定したレートになった場合にも取引が成立するので、中長期的に投資をしたい人に向いているといえます。

<逆指値注文>

現在のレートよりも高いレートで買いたい場合に、また現在の為替レートより低いレートで売り指値を指す注文方法です。リスク管理上とても重要な注文方法で、これを活用すると損失の拡大を限定することができます。

<IFD注文>

指値注文が2つある注文方法です。これは、1つ目の注文が成立した後に2つ目の注文が出せるので、反対売買により利益を確定させたり、場合によっては損失を限定させることにも利用できる注文方法です。

<OCO注文>

2つの注文を同時に出しておき、一歩が成立したら、もう一方が自動的にキャンセルになる注文方法です。例えば、すでに買いポジションを持っている場合に、利益確定と損失限定の注文が同時に出せるので、今後上に行くのか下に行くのかわからない時などには、とても便利な注文方法です。