手数料ってどれくらい?

FXの取引にかかる手数料には、売買手数料とスプレッドがあります。

取引にかかる費用が安いというのが魅力の一つであるFX投資では、ほとんどの会社が売買手数料は無料となっているのが現状です。

売り(Bid)と買い(Ask)の差の部分をスプレッドといい、それがFX会社の手数料の代わりとなっています。

売値と買値の差である「スプレッド」ですら、FX会社間の競争が激化しており、最近では「米ドル/円」のスプレッドがわずか0.15銭というFX会社も出てきています。

スプレッドは、通貨ペアが違うと変わってきます。世界的にメジャーな通貨ペアに比べると、マイナーな通貨ペアになればなるほどスプレッドは広くなっていきます。

FX投資の取引コストは安い。そのおかげで収益チャンスが広がっていると言っていいでしょう!