注意点まとめ

①開設できる口座は一人につき1口座のみ

 NISA口座は、原則4年間は、1口座のみ開設可能(例えば、銀行と証券会社にそれぞれ1口座ずつ開設するのは不可)。

②口座開設後、金融機関の変更は不可

 一度開設したNISA口座を、別の金融機関に変更・開設はできない。

③非課税枠の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可

 投資を行わなかった非課税枠の翌年繰り越しはできない。また、売却しても、非課税枠は再利用できず、年間の非課税枠を超える投資はできない。

④既に保有している上場株式などは対象外

 NISA口座は、新たに購入した上場株式・株式投資信託などが対象となるため、他の口座(一般口座や特定口座など)で既に保有しているものをそのまま移管することはできない。

⑤他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可

 非課税のNISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(一般口座や特定口座など)の収益との損益通算はできず、また損失の繰越控除もできない。

なお、金融機関によって購入できる商品は異なります(投資信託は証券会社や銀行などほとんどの金融機関で取り扱い可能、株式は証券会社のみ)。口座の開設時には、投資したい金融商品を十分に検討し、金融機関を選びましょう。