非課税期間の終了後

非課税期間終了後に、課税口座に移管する際は、取得価格が時価で評価されます。

ということは、NISAで投資を開始した時の価格が100万円で、非課税期間終了時の価格が50万円、その後課税口座に移管したのちに価格が100万円まで上昇した場合、非課税のメリットを受けられなかっただけでなく、元値に戻っただけなのに利益である50万円に対し課税されてしまいます。

また、非課税のNISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(一般口座や特定口座など)の収益との損益通算はできず、また損失の繰越控除もできません。

この2点を踏まえる、NISAで重要なことは、値下がりを避けるということになります。