RSI

日本語に直すと、相対力指数。

売りと買いの度合いを相対的に見て、そのバランスを視覚化したものです。

RSIは一般的に、70%以上になれば「買われすぎ」、30%以下になると「売られすぎ」を示します。

ここでのポイントは、買われすぎ、売られすぎのゾーンを出ていく瞬間。これが相場の転換点となり売買のシグナルとなります。

ただし、上昇や下降トレンドの相場では、シグナルが頻繁に出現して相場の転換点を示さないこともあるの注意が必要です。