ストキャスティックス

ストキャスティックスは、基本的に「%Kライン」と「%Dライン」で構成されます。

%Kは、計算期間中の変動幅の中で、現在の価格がどこに位置しているかを見るためのもの。%Dは、その数値を移動平均化したものです。

基本的には、%Dが30%以下の時は「売られすぎ」のシグナルで、70%以上の時は「買われすぎ」を示しています。

%Kが%Dをラインを下から上に突き抜けた場合が「買い」シグナル、逆に%Kが%Dを上から下に突き抜けた場合は「売り」シグナルと予測できます。

また、価格は上昇しているが、%Dラインが下降しているという現象を逆行現象と呼びますが、これも有効な売買シグナルとなっています。

ただし、激しい値動きには対応しにくいので注意が必要です。