ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、中央にある移動平均線と、その上下に2本ずつ引かれた標準偏差バンドと呼ばれる線で構成されています。

標準偏差とは、実際のデータが平均値よりもどれくらいばらついているか?を見るためのものです。

統計的に見て、価格はこの標準偏差バンド内で推移するという考え方に基づいています。価格が移動平均線の近くで予測している状態は、安定していると判断でき、標準偏差バンドに接近すると価格が大きく変動していると予測できます。

実際の為替レートがボリンジャーバンドの上のラインに近づいたときは「買われすぎ」を、下のラインに近づいたときは、「売られすぎ」と判断できます。

ただし、あくまで統計的観点から作られた指標であるので、アクシデントによる大きな価格変動の局面では注意が必要です。ボリンジャーバンドを活かせるのは、比較的安定した為替で、逆張りポジションをとるという投資スタンスに有効でしょう。

価格が下のラインを下抜けしたら「買い」ポジションを取り、上のラインを上抜けたら「売り」を行うといったシンプルな売買ルールで、初心者にはお勧めな投資法といえるかもしれません。